妊活 ストレス

妊活とストレス!妊娠しやすい体づくり!

 

 

強いストレスを受ければ月経サイクルが乱れてしまったり排卵が起きないことがあって、そのためにストレスが大きく妊娠力に影響を与えます。

 

ストレスを受ければ視床下部が防御体勢に入って、ストレスの対応に対応するので、ホルモンを分泌させる命令はおろそかになります。

 

これによって月経の遅れなど妊娠しにくい状況になります。

 

 

またストレスを予防する、なくすのはほとんど無理で、私たちの生活で色々ストレスを受けていて、ストレスは受けないようにするのではなく、うまく付き合っていくことが大事。

 

これに負けないような体にするには血糖値を安定させて、血糖値の急な上昇を繰り返せば、心の状態が不安定になってきます。

 

 

そして血糖値が急上昇してしまうとインシュリンがたくさん分泌されて、その後急な下降を招いて低血糖を引き起こし、これを繰り返せば、インスリンの危機が悪くなります。

 

また血糖値の急な上昇を防ぐには肉、魚など低GI食品を食べないように。

 

 

炭水化物など糖質は食後の血糖値を上昇させやすくて、大量摂取しないようにしましょう。

 

そしてセロトニンなど脳内伝達物質不足、バランスの乱れはイライラの原因になって、食事でとったアミノ酸をミネラルを使って変換させて合成されます。

 

バランスいい食生活をしながら不足してくるたんぱく質やビタミンなど意識的にとってください。

 

 

体が冷えて来れば、卵巣に十分栄養が行かなくなって冷え性の方が女性に多いですが、妊娠しやすくするために、湯船につかる習慣をもって冷たいものはとらないで暖かいものを積極的に摂ってください。

 

そして、やせすぎの方は女性ホルモン分泌が少ない傾向があって、逆に太り過ぎは卵胞ホルモンの分泌量を過剰にして、卵巣機能に影響が出ます。

 

 

過度のダイエットなどを避けて適正な体重を石するよう意識しましょう。

 

ソシテ、過度の飲酒も妊娠しにくい体の原因で、女性以外に男性も精子減少、勃起不全などトラブルをまねきますから、タバコは記念して飲酒はほどほどにしましょう。

 

関連ページ

妊活に運動は必要!基礎体温をあげよう!
当ブログは妊活初心者の私の体験談をまとめていくものです。妊活に必要なものから体験談までを解説していきます。私と同じく妊活に悩んでいる人は参考にしてみてください。
妊活と仕事の悩み!仕事は妊活の妨げになる?
当ブログは妊活初心者の私の体験談をまとめていくものです。妊活に必要なものから体験談までを解説していきます。私と同じく妊活に悩んでいる人は参考にしてみてください。